腰痛が改善しないのであれば腰部脊柱管狭窄症の可能性がある

病棟
このエントリーをはてなブックマークに追加

大腸のがんを解決

婦人

初期症状が目立たない大腸がんは、四十代を超えると罹患者が目立ってきます。死亡率は低下傾向で、生存率が高いがんでもあります。典型的な症状としては、血便や腹痛、体重減少などが挙げられます。大腸がんの発見は、便潜血検査によって行われるのが一般的です。

読んでみよう

長引く腰痛の原因

注射

日本人の多くが悩む腰痛ですが、その原因は様々あり日常の動作や疲労、背骨や内臓の病気等が考えられます。そして腰痛の約9割が非特異的腰痛であり、残りの1割が特異的腰痛に分類されています。特異的腰痛は原因がハッキリしているため適切な治療方法がありますが、非特異的腰痛はいまだに解明されてないです。原因がハッキリとしている特異的腰痛には椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症があります。どの腰痛も自己解決は避け、長引く痛みを感じたら医療機関を受診する必要があります。整形外科か腰痛専門外来を受診して、きちんとした治療を受けることが大事です。腰部脊柱管狭窄症は歩きだしてしばらくすると痛み出しますが、しゃがんだりすると楽になります。また50代以降に多く発症する腰痛であり、加齢により脊柱管内部が圧迫されて引き起こります。

脊柱管には神経や血管が束になって通っていますが、加齢や外部からの衝撃で脊柱管が圧迫される事があります。そうなると神経と血管が圧迫され、通常の空間よりも狭くなるため、痛みを伴う腰部脊柱管狭窄症に発展します。本来は丈夫な椎骨に保護されて出来る空間が、骨や椎間板の変性等によって狭くなり中を圧迫します。痛みや痺れを生じる病気ですが、加齢や骨粗しょう症で骨がもろくなると腰部脊柱管狭窄症になりやすいです。脊柱管を守るために行うと良いのが、脊柱管を狭くしない事と骨を強くする事です。適度な空間を作るためにプロテオグリカンを摂取したり、生活習慣を変えるのが有効な方法です。腰痛は安静にしすぎない事も大切なので、ウォーキングで体を鍛え腰の負担を軽減すると良いです。

女性がかかるガン

注射

女性特有の乳がんの診断を受けた場合には、様々な内容で決断力が試されます。また、術後にも日常生活で意識すべき内容もあり、ただ単にがん細胞を取り除くだけで終わる治療ではない点に注意し、周りの支援を求めることもポイントです。

読んでみよう

体に優しいガン治療

先生

NK療法は自分自身の免疫細胞を無菌培養し、体に戻してガン細胞を攻撃させる治療法で、投与後に発熱することはありますが、副作用がほとんどないため人気があります。手術や放射線治療と組み合わせるのも効果的です。

読んでみよう